介護

バリアフリーも徹底された高齢者住宅|住みやすい環境作り

記事一覧

介護サービスの特徴

老人

介護サービスにおいて、質の維持や向上によって要介護者に合った適切な携わり方ができるため、介護施設選びではサービスに着目することはポイントです。また、鹿児島では安心して毎日を過ごすことができる介護スタッフの数にも着目し、不安要素を払拭した施設選びも大切です。

詳細を読む

介護者の思いに応える

介護施設

介護を必要とする高齢者にとって、近い将来、安心できる暮らしを求めて老人ホームへの入居を視野に入れるケースは増えています。岡山市でも高齢者の受け入れ体制を整えたり、介護スキルを持つスタッフの増員など、携わる側の体制も整えてくれています。

詳細を読む

介護者の住まい環境

介助

環境の提供の差

一般的な賃貸住宅と比較した場合、高齢者住宅は住みやすさが評価されており、介護される側にとってバリアフリー化された環境に定評があります。また、高齢者住宅は介護業界からの提供のみならず、自宅を改修するリフォームでも住みやすさを得ることは可能です。高齢者住宅の暮らしにおいて、重度の介護状態の方の場合には賃貸でも利用できない場合も実情として挙げられており、こうした場合には有料施設を検討するのが得策です。ですが、介護レベルによって、生活しやすい設備が整っていることで受け入れられる場合も挙げられています。介護に関しても訪問介護の利用が一般的ですが、近年では医師や介護士が在籍するケースもあり、施設によって提供される内容に差がある点には注意が必要となります。

コーディネーターを頼る

高齢化社会の中、介護を必要とする方向けに老人ホームなどの住施設は全国に展開されており、医師が在籍していることで安心・安全な生活を過ごすことができます。高齢者住宅と一口に言っても、介護向けに提供されていない場合もあり、住環境コーディネーターによるアドバイスを受けることで最適な暮らし方が展開できるため、知っておきたい情報の1つです。高齢者住宅は、身体の不自由な方が安全で快適に暮らせる住環境であることが大切で、加齢や障害にあわせたバリアフリー住宅へのリフォームをコーディネートしてくれます。例えば、車椅子での移動も段差がなく、フラットであることは重要ですし、玄関や廊下の間口も広く設計することは大切です。軽度となる介護レベルであれば、自立を促す目的も兼ねた住宅を意識することも将来、ロコモ予防などに繋がる利点の1つに挙げることができます。

高齢者向けの入居施設

困る女の人

広島にある高齢者向けの入居施設のひとつとして、住宅型有料老人ホームは、民間の企業が運営している、高齢者向けの入居施設があります。そこでは、毎日の食事や生活支援などのサービスを受けることができます。しかし、住宅型有料老人ホームでは、介護サービスは含まれていないため、介護が必要な場合には、外部の介護サービスを利用しなければなりません。

詳細を読む